​月例会と夏期セミナー

久留米大学病院 総合診療棟 4F 共同カンファレンス室にて毎月1回第3日曜日(※変動する場合があります)に月例会を行っております。所属される先生方との症例報告と古典研究を中心に学術と資質の向上を図ります

(​現在は毎月一回オンラインでセミナーを行っています。)

8月には毎年夏期セミナー(旧名:夏期大学)を開催し、様々な分野の特別講師からの講義やシンポジウム、症例発表などを行い共に専門家としての学術を研鑚しております。同時に学会誌「氣血の探究」を発刊し年間の成果としております。

51夏期大2.jpg
51夏期大3.jpg

月例会報告(敬称略)

     

      令和3年度 オンライン月例会          

       令和3年4月21日  【症例報告】 山崎浩一郎 「不安神経症・コロナ鬱に対する鍼灸太極治療」 

                【医療情報】 山崎浩一郎 「西日本新聞 3月29日付 夕刊記事より

                                  コロナ禍における高齢者の心身のフレイルについて」

            オンラインの利点をフル活用し、佐世保市、八代市、糸島市、小郡市、久留米市、広川町、

            三養基郡、福岡市、筑後市からと遠方からの参加していただきました。1時間半程度かけてり

            一つの症例をじっくり検討できました。

   令和3年5月20日  【症例報告】 山田 文 「下半身の痛みの一症例」 

                【医療情報】 山田 文 「多剤服用でうつや認知症の副作用も・・・

                                それでも減薬が難しいワケ」 週刊朝日記事より

                                  

            発熱についての東洋医学の考え方、臨床について

            参考資料として『東洋医学における発熱の考え方(東西医学の接点に立って)』

                      間中 喜雄著の論文より

                      『東洋医学の発熱の臨床』

                      藤平 健著の論文より    抜粋して紹介

            今回は大分県竹田市より参加の先生もいらっしゃいました。このオンラインでの研究会も充実したものに

            なるように柔軟性をもって継続していきたいと思います。

                

             6月20日(日) 予定しておりましたオンライン月例会は諸事情により中止になりました。

             たいへん申し訳ございませんでした。

     次回の開催は令和3年7月22日(木) 午後8時から1時間~2時間程度の予定です。

​          お試しで参加された会員以外で参加希望の方は事務局まで連絡ください。

        

​