top of page

​月例会と夏期セミナー

久留米大学病院 総合診療棟 4F 共同カンファレンス室にて毎月1回第3日曜日(※変動する場合があります)に月例会を行っております。所属される先生方との症例報告と古典研究を中心に学術と資質の向上を図ります

(​現在は毎月一回オンラインでセミナーを行っています。)

8月には毎年夏期セミナー(旧名:夏期大学)を開催し、様々な分野の特別講師からの講義やシンポジウム、症例発表などを行い共に専門家としての学術を研鑚しております。同時に学会誌「氣血の探究」を発刊し年間の成果としております。

51夏期大2.jpg
51夏期大3.jpg

月例会報告(敬称略)

     

      令和4年度 オンライン月例会          

       令和4年4月21日  (症例報告) 山田 文 「未妊治療の一症例」 

                現代医学的な治療を受けずに鍼灸治療で妊娠に至った症例を報告した。

                鍼灸治療ができるだけ患者の負担なく自然に近い形での妊娠の助けになると

                感じた症例であった。

    令和4年5月18日  (症例報告) 山田竹弘 「慢性肩関節痛の症例」 

                 高齢であり、薬も多く服用されており、一見治りにくいと思われた慢性肩関節の痛みが

                 可動域は変化が見られないものの、一回の施術で痛みが取れた症例。

                 1回の治療で再診がない場合、治療の効果があまりなかったのかなと不安になるが、

                 半分くらいは1回の治療で改善されている場合もあるのではないかと考えられる。

                                

    令和4年6月23日  (症例報告) 安徳信二 「右下肢大腿神経痛の症例」 

                 脊柱管狭窄症、腰椎側弯の既往があり6年前にボルトを固定する手術をされて、調子よく

                 お過ごしだったところ、引っ越しで腰を痛め、腰かけると激しい痛みが出て、病院での治療も

                 効果がなかったため受診された患者の症例。

                 安徳先生ならではの面白い視点からのユニークな治療がとても興味深くこれからの治療の

                 多様な可能性も期待できる報告だった。

                 鍼灸治療は このようなもの というような固定観念をはずしてもっと自由に捉えてみてもよい

                 のかも知れない。

                

         令和4年7月21日  (症例報告) 長内礼子 「2型糖尿病の寛解とぶり返しの症例」 

                 ご自身の患者としての症例報告。長きにわたり、生活や環境の変化も同時に紹介され         

                 判りやすく、良導絡のチャートを見ながら、発表された。

                 生活習慣病の代表格である糖尿病について、その生活習慣が「静かなる自殺行為」と

                 表現されていたことが印象深い。。

                 臨床において大いなるヒントを与えていただいたと思う。

                 医食同源 食のはなしやセルフケアの話は快適に生きる根本であると改めて考えさせる。

                

         

     令和4年9月15日  (症例報告) 山崎浩一郎 「熱中症に対する太極治療の症例」 

                 もともと虚弱体質の患者さんに起きた熱中症に対する太極治療の症例を丁寧に、解説

                 いただきまた活発な質疑応答を行った。特に頭(脳)は熱に弱いのでこのような酷暑 

                 の季節は特に気をつけたい。保冷剤などで首の後ろを冷やすのは効果的であるというお話も

                 あった。身体を柔らかく、行動はゆっくりをこころがけるようアドバイスすること。身体の緊張が

                 ほどけて”空”(くう)になることで本来のエネルギーが生産され、流れが出てくる。

                 シンプルだが奥の深い太極治療の一症例であった。       

                 

 

           令和4年10月12日  (特別講義) 宇都宮咲子先生 「腰痛患者に対するアプローチ 他」 

                 オンライン月例会で初の試みとして実技を見せながらの講義をゲストスピーカーとして

                 お招きした宇都宮咲子先生にお願いした。ライブではなく会員の反応が見られない中での

                 講義でしたが、新しい学び方の一つの方法になったと思います。

                 急性腰痛でベッドからの起き上がりで痛みが出るなどの症状の時、どのように介助しながら

                 単坐位になったもらうか、そこからどのように患者に負担なく立ち上がってもらうかなど

                 臨床ですぐに役立つようなコツを指導したいただいた。また腰痛患者に対する代表的な

                 腰痛体操についても効果的な声掛けや患者自身が気付いて継続していけるようなポイントを  

                 わかりやすく丁寧に紹介していただいた。

                  (医療情報)  下川 貞行 「鍼灸関係 「小説」の紹介」

                 読書の秋到来 とのことで鍼灸関係の小説を数点紹介していただきました。

                 鍼師 藤枝梅安の話は有名ですが、それ以外にも書かれています。

                 ゆっくり読んでみたいものです。

 

                 山崎先生より、お孫さんとみた映画「ミニオンズ」に鍼師が登場していた驚いた。

                 面白かったので皆さんも是非とおすすめされました。

   

      令和4年11月24日  (症例報告) 下川貞行 「コロナ禍における”うつ傾向”の一症例」 

                 ご自身の闘病生活も落ち着きを取り戻され、氣血研究会に元気に戻ってこられました。

                 会長の下川先生による症例報告でした。本来ならば昨年の5月に発表予定だった症例を

                 報告されました。3年前に始まったこの新型コロナウィルス感染症の感染拡大によりさまざまな

                 弊害、とくに身体に関する症状も多数出てきた中で、精神的な抑圧による気分の落ち込みなど

                 表面化しない症状に悩まされた方がいると思われます。その中でも緊急事態宣言がでた時期は

                 活発に人との交流を行っていた人ほど影響が大きかったのではないかと思います。そこで

                 この鍼灸治療が功を奏した一症例でした。

                 下川先生の元気なお声での報告を伺って、安心しました。

​                 また今回は水俣の児玉先生が参加されました。今後も参加予定とのことでうれしく思います。

             令和4年12月15日  (症例報告) 安徳信二 「変性脊椎側弯症  鍉鍼を用いたアプローチ」 

                 手作りの銅製の鍉鍼を用いた安徳ワールド全開の報告でした。

                 毎回安徳先生の唯一無二のユニークな治療法に会員も楽しみにしていたのですが

                 さすが我々の期待を裏切らない症例報告でした。石を使った治療も大変興味深かったです。

                    (医療情報) 下川貞行 「解明すすむ「第3の痛み」」

                    2022年2月22日(火) 毎日新聞朝刊より

                  従来の1.傷や炎症による痛み

                      2.傷ついたり圧迫されたりした神経の障害による痛み

                  1,2,にあてはまらない痛み。脳の神経回路の変化が関係していることが判ってきた。

                  新たに加わった分類 3.痛覚変調性疼痛 についての解説でした。

                  この第3の疼痛についてわれわれ鍼灸師がどう対応できるかについても

                  さらに会員の皆様の意見を伺いたいところです。

​                  

             

    

    次回は1月26日(木) 20時スタート  山田喜平先生による症例報告です。

            ご興味のある方は事前に事務局へ連絡ください。

    

                 

     

​       

     

bottom of page